新曲を投稿しました! ストロベリーゼラニウム

どうもどうもこんにちは。きーさです。

新曲を投稿したのでブログも投稿です。

今回は・・・今回はね・・・

かなり思い入れのある曲になりました。

 

歌詞の中にでてくるユキノシズクはスノウドロップ。

ストロベリーゼラニウムっているのはユキノシタの英語名です。

 


【雪歌ユフ】ストロベリーゼラニウム【オリジナル】Strawberry Geranium / Sekka Yufu

 

--------------------------------------------------------------------------------

歌詞

 

ストロベリーゼラニウム

 

ユキノシタが歌い出す
いつか
わたしが
生まれた
春の訪れを
思い出して

夢が映し出す
面影は
見馴れた顔で
心は誰かに触れたように
風に揺れる

そう わたしたちは
探してしまうの
「いつもあなたはそこで
呼んでたのに」
ねえ また何処かで
会えたとしたら
あの時みたいに
受け止めて

信じることが
できないでいたの
幼さを
抱えて
闇夜を怖れて
いたわたし

ユキノシズクが
奏で出す そう
せせらぎを
さまよう
しずかな陽射しを
かすかにつたえて

そう わたしたちは
夢見てしまうの
「いつもあなたはそこで
泣いてたのに」
ねえ また何処かで
会えたとしたら
いつかの笑顔を
してみせて

そう わたしたちは
愛してしまうの
「いつもあなたとそこで
話してたこと」
ねえ また何処かで
会えたとしたら
あの時みたいに
抱きしめて

 

--------------------------------------------------------------------------------

追記:歌詞その他について

 

え?スノウドロップは和名で雪待草でしょって?

うん、いやまあ、うん、そうだよね。

お、おいらもそう思うんだ。う、嘘じゃないよ。

でも、でもね。

 

・・・それだと語呂が悪いんだよ。

椎名林檎の歌詞じゃないけど人生語呂合わせなんだよ。

語呂合わせの悪い人生なんてつまらないじゃないか!!

 

というわけで、最近毎回お願いしているゆらのさんにまたまた素敵なイラストを描いて頂けて(いや、とても嬉しかったです。この場を借りて改めて感謝します。。)

これはもう手を抜くわけにはいかねーなと、動画も頑張ってみました。

 

あと今回は雪歌ユフの調声を頑張ってみました。

UTAU界隈の人じゃないとわかりづらい部分はあるけど

resamplerとtn_fndsのエンジンを組み合わせてつかったりしました。

 

え?歌詞の深刻さとブログの文体が合ってないって??

いやあ、うん、いや、まあ、そうだね。うん・・でもさ、ちょっと考えてみてよ。

曲について、何かまじめなことを言いたかったら、

なんかもう、それは曲の中で言えばじゃん。

特に歌詞についてはさ。

歌詞についても、曲についても、

一度公開されて、自分の手から離れていってしまったら、

それはもう聴いた人の人生の一部になるんじゃないかなと。

大げさな言い方をすればそうなんじゃないかなと。

どんなに些細なものだったとしても。

 

だから、この曲が、曲を聴いてくださった方にとって、

喜びでも悲しみでも切なさでも慰めでもいい、

何か意味のあるものになってくれることがあれば、

曲を公開して良かったなと思います。

 

 (※眠いのと投稿した達成感から文章のテンションがおかしいですね・・乱筆乱文失礼しました。)

新曲投稿しました! 妖精たちの棲む島で

10/28追記:youtubeニコニコ動画の曲を修正verに差し替えました!!

よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 

このブログに投稿するのもだいぶご無沙汰です。。

本当は1月に1回は投稿したかったのですが、4カ月も経ってしまった現在、

内心忸怩たるものがあるのですが(苦笑)

やっと新曲を投稿できました。

いや、ずっと投稿したかったんですよ。

無事投稿できて本当に良かったよ。。

 

↓はyoutube


【初音ミク】妖精たちの棲む島で(修正ver)【オリジナル】 (The Isle of The Nocutiluca)

 

 ↓はニコニコ動画

 

大人びたミクさんと浜辺のイラストは

以前投稿したムーンストーン

pagansynonym.hatenablog.com

に続いてゆらのさん

http://www.pixiv.net/member.php?id=102379

に描いて頂きました。

 

波や夜光虫の質感や遠くに見えるスミレ色の空のグラデーションが特に素敵で気に入っています。有難うございました!

 

以下は歌詞。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

「妖精たちの棲む島で」

 

冬のそよぎに
浸されて
宵闇の時が
歌い出す

震えた唇で
応えるように
そっと
うねりのなか
見つめていたの

水の果てで

 

ーー鏡に映り出す
変わりゆく景色と
絡み合う縁の糸は
今も
導く歌のように
優しい声のように
憂いの在処に
いざなう

 

悲しみの夢から
不意に目覚めるころ
十六夜(いざよい)の月が
風に響き渡るころ
満ち引きの調べはいつでも
きっと
うねりの中
伝えていたの

ーーこの世の果てで

 

わたしに映りだす
変わりゆく世界と
奏であう願いの糸は
今も
導く歌のように
優しい声のように
不安の彼方で
呼んでる

 

銀色のヴェールを
かけられた
わだつみの音を
遠く追いかけた
とこしえに連なる魂
きっと
渦を巻く運命(さだめ)を待ってる

ーー生まれた時を

 

鏡に映りだす
変わりゆく景色と
絡み合う縁の糸は
今も導く歌のように
優しい声のように
望みの最後に
いざなう

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、毎回恒例?の曲の解説ですが、

今回の曲の歌詞は

小泉八雲小泉八雲 - Wikipedia

折口信夫折口信夫 - Wikipediaに影響を受けています。

 

小泉八雲は明治時代に来日後大の親日家になり最終的には日本に帰化したイギリス人で、耳無し芳一などの怪談で有名ですが、最近彼が日本滞在時に書いたエッセーにはまっていまして・・・なかなかリリカルでロマンチックなエッセーが多くて気に入っています。青空文庫にもいくつか翻訳があるので読めるのですが、案外文体にこだわりを持つ詩人気質の人だったらしく、興味深いものがあります。

今回の歌詞と関係が深いのが夜光虫をテーマにした短いエッセー。

↓にリンクがあります。

図書カード:夜光虫

 

もう一人、折口信夫も特に戦前に活躍した人で、短歌、近代詩、小説、民俗学で有名です。彼が注目した常世の国 常世の国 - Wikipedia というものですね。

彼が言うには、海のかなたに常世の国という異世界があり、そこには死者や神々が住んでいて、そこから押し寄せてくる波(常世波)に乗って死者の霊や神々(=マレビト)が毎年やってきて、人々を祝福してくれる、ということを古代の日本人は信じていたそうです。浜辺に寄せてくる波がそのまま死霊たちの国にダイレクトに繋がっている、っていうアイデアは、いわばセカイ系的な面白さがあるように思えます。

 

というわけで昔の日本的なものをテーマにした歌詞になりましたが、

曲はジャズっぽいピアノと16ビートシャッフルのリズムとギターソロとミクさんとmixの上達を課題にして作りました。初の初音ミクですが、成功したでしょうか。

個人的には何か中二病っぽいアニメのテーマ曲みたいで(笑)気に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新曲を投稿しました! ことのはさらら 曲解説

このブログの更新も2カ月ぶりです。。

やっと新曲を投稿できました。。

.本当は1カ月で投稿したかったので内心悔しいんだけど完成したからまあよしとしよう。。

今までの曲が悲しい曲や切ない曲が多かったので、

今度は幸せそうな曲を作りたいなあと思いながら作りました。

どうぞご覧くださいませ。

 


【雪歌ユフ】ことのはさらら【オリジナル】

 

歌詞

 

ことのはさらら

ささのはさらさら
風にそよぎ
ささやく小道を
夢でおよぐ

目覚めたわたしの手をとらえ
翳した瞳で
思いを紡いで
片手を繋いで
望んで
捧げた言葉たちは

優しさに変わったの
接吻(くちづけ)に変わったの
白く
咲いてる
林檎の花陰で

たなびく陽射しは
流れに歌い
せせらぐいのちに
時を告げる

せがんだわたしの髪を撫で
閉ざした瞼(まぶた)に
押しあてて

嘆きを奏でた
喪くした痛みに
揺らいで
託した言葉たちは

花束に変わったの
悲しみは終わったの
そっと
聴こえる
なまえを呼ぶ声

 

歌詞は3月終わりにはだいたい出来ていたのですが、

ネットで色々曲を投稿するようになってから(2月以降)の心境の変化が出ている気がします。恋愛っぽい歌詞ですが、

個人的には「言葉が言葉じゃないものに変わる」

っていう事の驚きと喜びみたいな感じを出せたらいいなあと考えて作っていました。

 

言葉が言葉じゃないものを動かす、

たとえば実際の人間を動かしたりする

そして、たとえば言葉が花束に変わる。

こういう事は、よく考えてみれば

とても不思議で奇妙なものだとは思いませんか?

 

動画については、フリー素材の写真を組み合わせて多重露光っぽくしてみたのですが、

素敵なユフさんのイラストを

雪歌ユフ公式絵師のつのよもぎ あまはし様

http://www.pixiv.net/member.php?id=1128842

のページで見つけてお借りしました。

なお今回のイラストの含まれる一日一ユフさん

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=53748885

をはじめ、すさまじい量のユフさんイラストを描いておられるので

そのユフ愛には敬服せざるをえません。。

利用許可をいただきどうも有難うございました!

 

新曲を投稿しました! 【雪歌ユフ】ムーンストーン【オリジナル】

気付いたら前回ブログ投稿したら1月近く経ってしまった・・・

この1カ月はあっという間に過ぎてしまいましたが、

前の曲を投稿した直後に風邪を引いてしまったり、たまっていた用事をこなしたりしていました。

そして、3月末からある作業にずっと取り掛かっていました。。。

そう、新曲の動画編集です。

 

その甲斐もあり、この度やっと

動画を投稿できました!

特に今回は、イラストの細かい描き込みがとても綺麗なので、

ぜひPCなどの大画面でご覧ください。

 


【雪歌ユフ】ムーンストーン【オリジナル】(The Tale Of The Moonstone)

 

 

さて、そのイラストですが、

今回は以前「さよならわたしの量子力学」という曲にて

イラストをお借りしたゆらのさん

http://www.pixiv.net/member.php?id=102379

に楽曲に合わせて新たに描いていただきました。

 (その際の記事はこちら↓)

pagansynonym.hatenablog.com

 

星座、月、水晶といったモチーフの中で

こちらをまなざしている雪歌ユフさんですが、

可愛くてキラキラしたものが好きなわたしとしては、

動画を編集する作業は、

とても楽しく、またやりがいのある作業でした。

またお借りするのではなく、新しく描いていただいたことで、

楽曲と相乗効果が起こったような気がしていて、

とても嬉しいし、

改めてお礼を言いたいです。

 

 

以下は歌詞です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ムーンストーン

(The Tale Of The Moonstone

 

しきつめられた
記憶の奥で
まなざして

のみ込まれてく

あなたの肩を
だきしめて
いた

あたしは今も

変わらぬ声で
そう
呼びかけるの

シャワーみたいな

月の光を
とじこめた
硝子の部屋の
中からーー

 

鏡の雨を
ふさいでできた
落とし穴で

妖精たちの
闇に抱かれて
まどろんでいた

ーー不安の影に

かどわかされて
そう
夢をみるの

あなたがいつか
求めたものを
たしかめた
夜の先に
広がる未来で

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

新曲を投稿しました! 山手線の幽霊少女 音楽的な意図について

 

ボーカロイド:結月ゆかりに歌ってもらった曲で動画公開は初めてです。

緊張するなあ。

曲の構想自体は12年前からあったんだけど(ほぼAメロとBメロだけ)、当時展開が全く思いつかず、その時はインストの曲のイメージでした。

こうして当時なかった技量で当時なかったボーカロイドで曲を完成させることができたのが感無量です。

 

ぜひ聴いて頂ければ嬉しいです。

 

ニコニコ動画

 

Youtube


【結月ゆかり】山手線の幽霊少女【オリジナル】(The Ghost Girl Of The Yamanote Line)

 

以下は歌詞です。。

 

山の手線の幽霊少女

 

わたしの住まいは山の手線
向こうに見えるのは後楽園
新宿原宿と駅をすぎ
なくした未来を振り返る

 

足元に広がるアイロニー
落ちてしまった現実世界の跡
憂愁にとりころされたわたしを
この世の外に開いたドアで
ずっと手招きをしている

 

わたしはひとり
凍えた線路沿い
歌っているの
悲しい夢を見て

 

あなたはわたしに会えないの
世界のなりたちも分からないの
壊れたヴィジョンたちが疼き出し
窓際の景色と響き合うの

 

目の前で崩れたファンタジーと
形見みたいに遺った負債のせいで
恥ずかしくて泣いていたの
あなたは
曇った空の向こうを見てた
わたしの棲む場所を

 

その瞳の奥に
映り込んだ時がそう
歌っているの
このわたしのことを
今も

 

祈っているの

とだえた言葉で

 

「あなたのことを」

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

というわけで、歌詞は以上でした。

 

所でこの曲を構想した当時はaphex twinsquarepusherが好きで

よく聴いていました。

二人とも現役で活動しているわけだから凄いなあと思うわけですが、

当時は↓などが好きでしたねー。

 

squarepusher

Squarepusher-Beepstreet

 

aphex twin


Aphex Twin - 4

 

 

なのでそれに影響を受けてて、この曲を作り始めた時は、

公開した現在よりもBPMが30近く早いテンポだったという。。

 

あとこの曲はストリングスパートを使いまくろう!

という意図がありました。

ストリングスが素晴らしい歌ものが好きなのでした。

 

風の谷のナウシカ

 


風の谷のナウシカ 安田成美【歌詞付】

 

 

きこえるかしら


赤毛のアン オープニングテーマ:きこえるかしら

 

ドラムンベース+歌もの+色々動くストリングス、というコンセプト。

実力的にはまだまだだけど出来上がって嬉しい!

 

というわけで、読んで頂きどうもありがとうございました。

 

動画をアップしました:さよならわたしの量子力学

 

 


【雪歌ユフ】さよならわたしの量子力学【オリジナル】

 

大切な選択をする時の迷い、雪、過去、祈りがテーマです。

素敵なユフさんのイラストはゆらのさん
http://www.pixiv.net/member.php?id=102379
の作品をお借りしました。
本当に有難かったです。。

 

歌詞

さよならわたしの
量子力学
別の世界で生きてるわたしに
おわかれするの
これから
きっとわすれないでね
冬の気配に
息を切らして

その雪に
もしもすべてが
消えてしまったら
ざんげをしないと言い切れる?
自分を責めないと言い切れる?
望んだ罪をどこかで
夢に振り替えて

さよなら
あなたは
リョウシンのことを
話していたの
「わたしにきづいて」
重ね合わさった想いも
矛盾も何もかも
アクセス拒否して
嘘で固めた

その指で
もしもすべてを
決めてしまったら
不幸になってしまうと言い切れる?
誰かを救えないと言い切れる?
描いた距離の在り処を
意味に読み替えて

さよなら
わたしは
もう行かなきゃ
交わらずに
こぼれたひとひら
見つめていたの
鏡に映った夜のそと
謎かけみたいに
雨が流れた

その指で
いつかあなたの選んだことが
全てを変えてしまうと言い切れる?
誰にもゆるされないと言い切れる?
ほどけた後の未来で
今も呼びかけて

 

 

 

もどらない(動画)

もどらない

ブログ開始と合わせてニコニコ動画youtubeに作った曲の動画を

アップロードしてみました。

 

イラストはめ子様(http://www.pixiv.net/member.php?id=1817733)の素敵な作品http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=26132001

をお借りしました。

ありがとうございました!

 

www.nicovideo.jp

youtu.be

 

キャロルキングの有名曲のカバー。
日本語に歌詞を翻訳、というか
原曲の意をある程度汲んだうえでオリジナルの歌詞にしてみました。

 

戻らない

目覚めたわたしのいるすぐそばに
笑ってるあなたがいるけれど
それは過去の幻
風に溶けてくの

and
it's too late baby now
it's too late
どんなによびとめても
あんなに輝いてた
あの頃にはもう戻れない

出会った頃のわたしたちは
何も知らないこどもだったから
どんな事をしても
いいと思ってたの

and
it's too late baby now
it's too late
過ちを悔やんでも
しでかしたことを許しても
あの頃にはもう戻れない

泣いてるあなたのいるすぐそばで
言葉をかけることはできるけど
慰めても
心は二度と解けないの

and
it's too late baby now
it's too late
どんなに悲しんでも
とめどなく続いていた
わたしたちはもう戻らない

 

ちなみに原曲はこんな感じです↓

youtu.be